「お受験」日記、その後。

父親がみた小学校受験を終えた子供の日々

面接直前。お父様に捧ぐ。

 お受験も大詰めを迎える頃になりました。すでに終わった試験もあると思います。

 先日も「お父様」である知人がお受験の面接をひとつ終えてからの一言。

 

 「学校によって言わなければいけないことが違うから大変ですよ。」

 

 まさにその通り。ではありますが、学校毎に覚えなければいけないのは建学の精神や学校の教育方針などだけだと思います。これも聞かれた場合にその質問にきちんと答えることができれば十分ではないかと思います。

「どうして志望されたのですか?」と問われて、

「私どもは我が子には###のように育って欲しいと考えておりまして、***という教育方針で子どもに接してまいりました。御校の建学の精神、教育方針は@@@であると知り、まさに私どもの理想とするところであると感動いたしました。私どもは今まで..<ここで特別なエピソードを挿入>..してまいりましたが、是非とも御校の先生方の御指導の下、素晴らしい環境の中で学ばせていただければ...」

なんて答えをすべくお父様は準備されているのではないでしょうか。そして、用意した答えを面接の場で必ず披露し、アピールするべく緊張しているのではないでしょうか。

 私自身が受けた面接の指導はまさにそうでした。

 

 しかし、本当にそれが必要なのか、私は未だに疑問に思っています。

 相手が成人ではありますが、私自身が採用面接をする立場になって考えることは、短時間で十分に相手を知ることはできないので、

 問題を起こしそうな人物は避ける

ことが大切であるということです。これは他の同僚も同じです。もちろん優秀な人材を見つけることも重要ですが、それ以上に問題となる人物を避けなければ職場が混乱します。その延長で考えると面接を受ける側は必ずしも他の人と比べて「特別」に印象づける必要はないと思います。

 大切なのは常識をわきまえていることであり、外見で言えば身だしなみであり、立ち振る舞いです。身だしなみは清潔なものをきちんと身に付けていれば十分で、高価なものである必要はありません。立ち振る舞いも、挨拶ができて、こちらの質問に的確に答え、普通に会話ができる。これだけで十分に思いますし、本当に優秀な人物であれば、これだけで秀でたものを感じます。

 おそらく、お受験の際の先生方が見ているのも同じようなことではないかと想像します。大勢のお子さんを預かり、その大勢のお子さんの親御さんと接していかなければいけない先生方は、「特別な」子供を見つけるよりも、常識的で強調して学校生活を築き上げていける家族を望んでいるのではないかと思います。

 もちろん学校側は優秀なお子さんを迎え入れたいと考えているはずですが、少なくとも面接の目的は常日頃から「特別な」ことをしている家庭よりも、常識的で協力的な家庭を見つけること、家族の中でも協力しあえている家庭を見つけることだと思います。そして究極的には問題を起こしそうな家庭を避けることではないかと私は考えています。

 というわけで、お父様に捧げたいのはひとつだけ。

 自らがわきまえている常識的な態度、立ち振る舞いさえ忘れなければ大丈夫です!