「お受験」日記、その後。

父親がみた小学校受験を終えた子供の日々

公文OB・OGインタビュー

 公文のサイトにOB・OGインタビューというものがあります。知人のお子さんが載っていたので見たのですが、すごい人がたくさん出てきます。

 「さすが公文!」という感じですが、「それだけ公文を経験した人が多い」、ということだと思います。「公文をやればできるようになる」、というわけではないでしょう。が、公文は「毎日継続するシステム」になっていて、子供の素質を伸ばすためには有利なシステムだと思います。一番のポイントは「毎日勉強すること、その習慣をつけること」。ですから、毎日勉強するのであれば、公文でも何でも良いと私は考えています。とはいえ、私の子どもも公文をしていて、その教材を毎週それをチェックしているのですが、確かに良くできています。うまくステップアップするように教材が組まれていて、ノウハウが蓄積されている感じがします。

 あまり公文は好きではないのですが、毎日勉強する習慣を付けるためのシステムとしては完成度が高く、子供の資質を伸ばすことができるので、OB・OGには「すごい人」が多い(?)のでしょう。うーん、これでは公文の宣伝みたいです。