「お受験」日記、その後。

父親がみた小学校受験を終えた子供の日々

算数はやはり集合が大事、だと思う。

 お受験の算数(?)の問題を見て、集合と対応の問題だと私は思いましたが、今、子供がしている勉強を見て、やはり算数の基礎は集合と対応なんだな、と思いました。数学、算数の専門家から見れば違うのかも知れませんが、彌永昌吉先生の「数の体系」という本も集合から始まっているのでそれほど的は外していないのではないかと思います。

 なので、子どもの勉強をみている時に私が「集合」からアプローチして説明していたのですが、それとなく家内が嫌そうというか不満そうな態度をしていたのが少々残念でした。

 やはり的外れなのか?......とちょっとがっかりでした。