「お受験」日記、その後。

父親がみた小学校受験を終えた子供の日々

教材の選び方?

 我が家には未だにお受験の時の教材がたくさん残っています。単に片付けきれていないだけですが、中には私が購入して一度も封を切っていないものもあります。無駄だったなぁと思います。私が購入した場所は、子供の模試の会場での出張販売がほとんどでした。何となく問題集などを手に取ってみると「これは良さそうだ」とほぼ衝動買い。家内からはほぼ無視されていました。実際には買う必要はなかったと今でも思います。他にも家内が購入したもの、知人からもらい受けたものなどでも結局は使わなかったものが少なからずあります。

 ネットや雑誌では、様々な問題集などの教材が紹介されていますが、結局のところ、我が家ではお教室の教材をコピーして繰り返して復習していました。時間的にはおそらくこれが限界で、他の教材に手を出す余裕はなかったように思います。お教室に行かないでもっぱら自宅で勉強するのであれば、様々な教材を集める価値はあるのかも知れませんが、大学や高校受験同様、あれこれ手を出すよりも「これ」と決めた教材をコツコツと繰り返して勉強するのが一番ではないかと思います。

 お教室などに通うのであれば、教材はお教室のものに限り、教材選びに時間をかけるのは無駄だったかなぁと思っています。