「お受験」日記、その後。

父親がみた小学校受験を終えた子供の日々

受験の記憶が蘇る

 子供のお受験に始まり、我が子は勉強を続けています。小学校に入れば宿題に追われるのは当然としても、未だ「塾」に通っての勉強が続いています。
 そんな状況の中、どこで誰に影響されたのか、東大に行くだの何だの相当に気の早い話を子供はしています。今の時期ですから戯言の類ですが、おかげで私自身の受験の記憶が蘇ってきました。
 既に受験の記憶は遥か彼方に行っていたはずですが、最近は「もっと勉強して東大に行きたかった」という気持ちまで蘇ってきてしまいました。私自身は学生生活に満足というか納得していなかったので、余計に「東大に行っていれば」という幻想が生まれてきます。冷静に考えて、もし仮に東大に私が行っていたらどうなっていたかを考えると、その答えは決して肯定的なものではなさそうですが、日本の最高学府で学びたかった、揉まれたかったという思いというか、未練は残ります。もしかしたら、まさにこれこそが幻想なのかも知れません。
 もちろんこんなことは今更考えたって何にもなりません。唯、子供には後悔することのないよう、受験の際には徹底的に勉強して、自らの行きたい学部、大学に行って欲しいと思います。