「お受験」日記、その後。

父親がみた小学校受験を終えた子供の日々

合格発表

 お受験の初めての発表はweb上で確認できるものでした。で、私が確認することになったのですが、幸いにも合格。さすがに緊張しました。

 次いで、私立の第一志望校の発表も私が確認することに。こちらは校内に掲示されるので、見に行きました。結果は合格でしたが、最初は受験番号を見落とし、

「落ちたか...」

と血の気が引きました。

 親子面接で準備した通りに私が答えることができず、試験直後は家内の恨みがましい視線に耐えていたからです。子供はできたと言っていたので、気を取り直して見直したところ、子供の受験番号を発見。罪の意識から解放され、肩の荷が下りた感じでした。

 男親なんてこんなもんでしょうか。