「お受験」日記、その後。

父親がみた小学校受験を終えた子供の日々

SEALDsに思う

 私はSEALDsに肯定的な評価をしていますが、ここでは政治的な話をするつもりはありません。SEALDsの若者の自ら考えて行動する姿に、我が子もこのように主体的に考えて行動する人間になって欲しい、と思っています。

 本来、お受験では「家庭の教育方針に合った学校を選ぶ」ことが建前ですが、実際には「家庭の教育方針と学校の教育方針をすり合わせる」、もっと言うと「学校の教育方針に合うように家庭の教育方針を組み立てる」のが実情だと思います。お教室では「**ちゃんならここも受かるわよ、あそこも受かるわよ」とおだてられ、その気になって準備をすることになりますが、その際にすることは各々の学校に合わせた対策です。

 つまり、家庭の教育方針に従って主体的に学校を選ぶのではなく、受ける学校に合わせて従属的に家庭の教育方針を調整していくことになります。受ける学校の選択基準は、「有名か否か」、「難しいか否か」、「大学までいけるか否か」といったところでしょう。もちろん、自分が卒業した学校、といったケースもあるでしょうが、私のようなお受験界新参者にとっては、縁のない話です。

 実際に上記のことをするのは親ですが、その親の姿をみて子供がどう思っているのか、どう感じているのか、本当に気になります。自らの「基準」に従って主体的に動くのか、相手に合わせて従属的に動くのか、どちらを選ぶのか心配です。もちろん、現実の世の中では「相手に合わせる」ことはとても重要なことですが、それでも自らの信念を持って主体的に生きることが根っこにある人間に我が子にはなって欲しいと願っています。

 SEALDsの若者を見て、お受験の経験が子供にどのような影響を及ぼすのか、気になっているところです。