「お受験」日記、その後。

父親がみた小学校受験を終えた子供の日々

公文式 是か非か

 世界的(?)な認知度のある公文式
 お受験前から我が子もやっています。そのシステムの完成度は高いと思います。
 お友達の進度を聞くと、本当にスゴイなぁと感心します。
 でも、この先取り学習、本当にいいのかなぁと疑問に思っています。毎日勉強する機会を与えてくれるという意味でも、能力に合わせて内容を高度にしていくことはすばらしいと思いますが、これだけの努力を他のことに向けてもいいのかなぁ、と考えます。
 特に我が子がお受験中も続けていたことには、子供にも家内にもその努力には脱帽しますが、のんびり屋さんの私は「何もそこまでしなくても...」と見ていました。
 こんなことを書くと「あなたは何もわかっていない」と怒られそうですが、本当のところはどうなんでしょうか。
 確かに現役で東大に入った友人たちはみな、私のような一夜漬け組ではなく、毎日勉強する習慣があったようですが。