「お受験」日記、その後。

父親がみた小学校受験を終えた子供の日々

父親講座

少なくとも2回は父親講座を受けました。いずれもビデオによる講座でしたが、会場まで出向きました。
その内容は教育の一般論とお受験界への手引き。一般論はとても共感できる内容で納得できるものでしたが、そこからお受験界への誘いとなりました。お受験を目指す父親にとってはそれも大変役に立つものだったと思いますが、お受験に疑問を持ち続けていた私は「そうかなぁ」というスタンスで聞いていたのでトピックによっては「それは違うよなぁ」と感じていました。
例えば、受験する学校は志望校とすべり止め(!?)だけでは不十分であり、その中間のレベルの学校も複数受験すべきである、そうすれば必ずどこかに受かる、というトピック。確かにその通りだと思いますが、「志望校に受からなければ公立でいいよね」という考えの私は「やり過ぎでしょ」と感じました。
この辺はお教室の先生方の苦渋の選択かも知れません。というのも、その講座でお話をされた先生には、すべての私立校を落ちてしまったお子さんの母親の愚痴を延々と聞かされた経験があるからです。先生は「お母様の気持ちを受け止めるのはお父様ではないでしょうか」といったことをお話になっていましたが、本当にお気の毒だと思います。振り返って、もしそのような状況に私がいた場合、家内の気持ちを受け止めることができるかと問われれば「否」です。本音は「そんなこと知らんがなぁ」でしょうか。そのような状況に陥る可能性のあるお父様は是非とも気をつけていただければと思います。