「お受験」日記、その後。

父親がみた小学校受験を終えた子供の日々

志望校の決め方 - 我が家の場合

我が家の場合、そもそもは公立に行く予定でした。たまたま近所に国立の小学校があったので、そこは受験してみよう、というのがコトの始まり。
それでは一応受験準備、ということで家内が情報収集を始めました。この過程でママ友の洗礼を受け、お教室を探すうちにペーパーの一番難しい小学校に向けて勉強すれば国立対策になるということで、あれこれとやっているうちに国立対策がいつの間にか私立のお受験へと変わっていました。
表面上の志望校はペーパーの一番難しい小学校となり、それがだんだんと小学校は国立か私立に行くことになり、いつに間にか私立小学校を複数受験することになっていました。
いくらでも理由はつけられますが、実際には一番難しいところを目指し、校風や教育方針などは二の次であったというのが正直なところだったと思います。
自らの出身校だからなどのような「正当な」理由があるならばともかく、そうではないお受験界新参者にとっては、理由は後付けになってしまうのではないかと思います。おそらく多くの方が学校説明会に出席したり、パンフレットを見たりしてその学校の校風や教育方針を研究し、面接に備えたのではないかと勝手に想像しています。
それはともかく、我が家の場合は成り行きというのが本当のところ、というのが私の実感です。もっとも家内がこんなことを聞くと激怒するとは思いますが。