「お受験」日記、その後。

父親がみた小学校受験を終えた子供の日々

子供の将来

子供の将来はどうすべきでしょうか。まだまだ先の話とはいえ、お受験界に入ってしまった以上はどの大学に行くのか、が気になります。子供が大学進学を選ばないかもしれませんが、私としては大学進学が大前提です。では、どの大学か?ここで重要になってくる…

勉強のモチベーション

子供のモチベーションをあげる、あるいは維持するためにはどうすればいいのか。当然に悩みました、家内は。私はお受験自体に熱心ではなかったのでほとんどといっていいほどこの点には関心がありませんでした。大学受験であれば、その理由はともかく、この大…

受験戦略

振り返ってみると無駄な準備もあったようです。特にそう思うのは面接です。もちろん我が家の志望校の場合ですが。 志望校に合わせた準備をするのは当然ですが、お受験界で過ごすうちに"志望校"が増えていき受験準備でカバーすべき範囲が拡がります。そうなる…

子供の脳

おそらく子供の脳の発達にとって重要な時期の一つである幼児期にお受験などさせてもいいものなのか、疑問に思っています。外面的には「成長」を感じるので"経験的には"良かったのかも知れないと思いつつ、果たして本当に良かったのか、とも思っています。変…

面接、あるいは試験中にみられているもの

ほぼすべてのお受験で避けられない面接。 その採点基準は明らかにはなっていません。お教室では「そのお答えなら御点をいただけます」なんて御指導いただき、そういうことがポイントか...などと漠然と考えていました。もちろん、私は今でも全くその採点基準…

模擬試験について

これを書いているのが3月ですから時期的にはズレているテーマですが、いずれ模擬試験が始まります。6歳前の子供に模擬試験だなんて意味があるのかなぁ、と私は考えていました。もちろん練習という意味は十分にあると思いましたが、その精度というか、「模擬…

志望校の決め方 - 我が家の場合

我が家の場合、そもそもは公立に行く予定でした。たまたま近所に国立の小学校があったので、そこは受験してみよう、というのがコトの始まり。それでは一応受験準備、ということで家内が情報収集を始めました。この過程でママ友の洗礼を受け、お教室を探すう…

私自身のバックグラウンドから思うこと

私自身が通った幼稚園は、"おそらく" 試験を受ける必要のない私立のカトリック系の幼稚園でした(試験を受けた記憶がありません)。小学校から高校までは公立校で過ごし、大学は私立の医学部に進学しました(医学部に進むつもりはありませんでしたが、状況を…

面接での父親の役割

高校の先生に聞いてみました。「見ただけでその生徒が優秀かどうかわかるのか?」答えは「70%はわかる」でした。意味するところは、10人見れば、7人についてはその判断は正確ということだと思います。5-10分話せば90%はわかるそうです。しかし、入試の面接で…

チックについて

お受験本番の2か月ほど前に子供がチックになりました。症状は眼に出ました。お受験界の大先輩に相談したところ、「ウチの子にも出た。心配ない。時期が来れば治る。念のため眼科は受診しておいた方がいい。眼科疾患があるかも知れないから。チックのことも診…

子供とのつながり

お受験前に、お受験とは関係なく子供に信頼してもらうため、あるいは心を開いてもらうために当たり前のことをしてみました。もちろん信頼してもらってなかったわけでも心を開いてもらってなかったわけでもありませんが、ふとそんな気になり実行しました。子…

ペーパーの本質

私の印象では、ペーパーの内容は突き詰めれば数学であり、その基本的な部分は集合だと思います。多くの異論があると思いますが、彌永昌吉先生の数の体系(http://www.amazon.co.jp/数の体系-上-岩波新書-青版-815/dp/4004160014)でも一番最初に集合が取り上…

抽象概念を理解させるには?

「天秤、あるいはシーソー」の項でも書きましたが、お受験においても抽象概念を理解させることが重要だと思います。では、抽象概念をどうやって小学校入学前の子供に理解させればいいのでしょうか。 これはもう、反復、繰り返しによって身に付けるしかないと…

勝者の宴

お受験は親の代理受験だと私は考えています。この点でも私はお受験に否定的です。「自身の出身校に行かせたい」といった自然な気持ちで志望校を選択するのであればともかく、難関校だからとか、有名だからといった理由で志望校を選択するのはナンセンスです…

天秤、あるいはシーソー

天秤あるいはシーソーを見せて、ものの重さを推測させる問題。単純なものだと「二つのリンゴと三つのミカンが天秤でつり合っている時、一つのリンゴと一つのミカンではどちらが重いか、あるいは同じ重さか」を考えさせます。これが複雑になってくると、三つ…

子供をみて思うこと

我が子が産まれてから、自分なりに我が子をみてきました。観察と言うべきかもしれません。そして思ったことは、「我が子には"意識"があり、その意識が身体を手に入れて、その身体の動かし方、身体を動かした時の感覚、身体を通して得られる感覚を日々学んで…

コピー機_再掲です

<この記事は2015年2月1日に投稿したものです。一覧から抜けている様なので再掲しました。> お受験界ではほぼ必須となるのがコピーです。「お教室」のプリントのコピー(問題を解いた後のものをコピーするので、回答部分やマルやバツを消してからコピーしてい…

コストパフォーマンス

お受験のコストパフォーマンスはどうなんだろうか、と考えました。お受験関連の費用は私の予想を一桁越えました。気が付いた時には後には引けず、資金のやり繰りが大変でした。さて、お受験が終わり、本当にその価値があったのか、判断出来るのは10年後ぐら…

お受験1年前はこんなだった

お受験が終わった直後は我が子はこんなにすごい量をこなしてた、とか、こんなことまでできるようになってた、と心秘かに思っていました。改めて振り返ると、1年ぐらい前は縦線や横線、丸をひたすら書き続け、あるいは点と点を結んだりといった単純なことをや…

学校説明会

「お教室」の先生に強く勧められたのが学校説明会への参加です。各小学校で行われるもの、模試の会場で行われる合同説明会などがあります。これに際してご指導いただいたのは、講演は一番前で謙虚で真摯な姿勢で聞くこと、校長先生との面談がある場合には一…

勉強量は?その3

勉強は多い方がいい、というのはわかっていただけると思いますが、その具体的な目安はなんでしょうか? 家内は、 1)同じ問題を答えを覚えるまで繰り返す 2)次に類似の問題を答えを覚えるまで繰り返す 3)さらに異なる類似の問題を答えを覚えるまで繰り…

行動観察

学校によっては重要な位置を占める行動観察。日頃の躾やら家庭での習慣が重要と言われることもありますが、就学前の子供がいる家庭での躾は上品なものではないし、家庭での習慣にしたって家の中は戦場状態。 挨拶をキチンとする、人さまに迷惑をかけない、ウ…

お受験は不平等

私立小学校のお受験は不平等だと思います。経済的、時間的に余裕のある人にしかお受験を出来ないからです。我が家も貯金を切り崩しながらお受験界に入っていました。その点、国立小学校の場合、抽選があり試験対策も上手にすれば経済的な負担を少なくするこ…

勉強量は?その2

大掃除を兼ねて子供がやったペーパーを整理しています。自宅学習では反復を含めてA4版で7500枚はこなしたようでした(以前2000枚とアップしてましたが7500枚でした)。実際はそれ以上だったはずです。我が子ながら脱帽。お受験用にプリンタを購入していました…

苦手なところの見つけ方

ペーパーの実力をつけて得点を上げていくには、弱点項目の克服が大切だと思います。ではどうやって弱点項目を見つければいいのでしょうか。地道な方法は、日々お教室で問題を解いていく中で間違え易い項目をチェックすることです。そして見逃せないのが模試…

面接の準備

面接の指導は三つの異なるお教室で受けました。大手一か所、個人2か所、延べ数回受けたと思います。指導の中で共通して言われたことは、「具体的なエピソードを盛り込むこと」でした。どんな家庭なのか、家庭の教育方針はどんなものかが、わかりやすく、かつ…

どこの「お教室」がいいのか

具体的にどこの教室に行ったのか、というのがこれから受験する方には気になるところだと思います。 実名を挙げてお話したいのはヤマヤマですが、これは避けたいと思います。ヒモ付きと思われるのは嫌ですし、各お教室の「営業」の邪魔もしたくないからです。…

父親は役立たず?

父親の役割は重要であると、あらゆるところで強調されています。でも、それって本当かなぁ、って思います。我が家の場合、おそらく一言で言えば、役立たず、になるでしょう。面接ではペケ、自宅学習では無能、では役立たずと言われても仕方がありません。私…

合格の秘訣

ペーパー重視校に限れば、努力が必ず報われると思います。もし100%の合格を目指すのであれば、財力と時間を注ぎ込み、日常生活を犠牲にするほどの努力をすべきだと思います。そこまでするのか?、というほどです。私はお受験はそこまでするほどのものではな…

準備はいつから?

お受験に関してはほぼ100%家内に任せっぱなしでした。 それを傍からみていて思うのは、「準備は早ければ早いほどいい」、ということです。 お受験のペーパーの内容は極めて高度です。それを、問題文はなく(建前では小学校入学前ですから文字は読めないから…

勉強量は?

ペーパーの実力をつけるにはどうすればいいのでしょうか。 実際に子供の勉強に付き合っていたのは母親でしたので、これは外野から見た意見です。 実際には毎日欠かさず30−90枚のペーパーをこなしていたようです。弱点を適宜補う方法で頑張っていました。 こ…

ある願書

願書に創立者の自伝の感想文を書かなければならない学校に合格したお子さんの願書を拝見する機会がありました。必要最低限のポイントをしっかり押さえたまとまりのあるものでした。内容はもちろん素晴らしいのですが、御家庭の特徴が良く出ているわけではな…

感想文を書く願書

どの小学校ことだかすぐにわかってしまうかも知れませんが、創立者(?)の自伝の感想文を書く願書があります。 私学としてそれは当然とも言えるのですが、その内容は現代にマッチするのか、というとちょっと疑問が残りました。時代背景を考えながら読むと大…

願書の文字

願書を書くにあたっては、読み易い丁寧な文字で書くように指導されました。一文字一文字心を込めて丁寧に書くように指導されたのですが、そこまでする必要があるのか疑問でした。読み易ければ十分ではないか?ある小学校から合格通知をいただいた時、校長先…

面接試験を終えて

私自身が親子面接を受けたのは2回です。いずれも合格をいただきましたが、その面接内容は両極端でした。A校15-20分ほどの面接時間で、様々なことを聞かれました。といっても、質問の仕方を変えて「親の教育方針」を確認していたように思います。質問を変え…

お受験の功罪: 受験産業の罪・1/1

1年間を振り返ってお受験の功罪を考えてみたいと思います。1)子供が受けるメリットとデメリット2)家族が受けるメリットとデメリット3)受験産業の功罪にわけて考えてみます。 受験産業の罪 - 1/1では、罪は何でしょうか。一言で言えば、「不要な受験…

お受験の功罪: 受験産業の功績・1/1

1年間を振り返ってお受験の功罪を考えてみたいと思います。1)子供が受けるメリットとデメリット2)家族が受けるメリットとデメリット3)受験産業の功罪にわけて考えてみます。 受験産業の功績 - 1/1 受験産業の功績は言うまでもなく、お受験を希望する…

お受験の功罪: 家族が受けるメリットとデメリット・1/1

1年間を振り返ってお受験の功罪を考えてみたいと思います。1)子供が受けるメリットとデメリット2)家族が受けるメリットとデメリット3)受験産業の功罪にわけて考えてみます。 家族が受けるメリットとデメリット - 1/1お受験を通じて受ける家族のメリ…

お受験の功罪: 子供が受けるデメリット・3/3

1年間を振り返ってお受験の功罪を考えてみたいと思います。1)子供が受けるメリットとデメリット2)家族が受けるメリットとデメリット3)受験産業の功罪にわけて考えてみます。 子供が受けるデメリット - 3/3しつこく、私の経験上、高校時代の経験はそ…

お受験の功罪: 子供が受けるデメリット・2/3

1年間を振り返ってお受験の功罪を考えてみたいと思います。1)子供が受けるメリットとデメリット2)家族が受けるメリットとデメリット3)受験産業の功罪にわけて考えてみます。 子供が受けるデメリット - 2/3そしてこれが本当に大切なことですが、子供…

お受験の功罪: 子供が受けるデメリット・1/3

1年間を振り返ってお受験の功罪を考えてみたいと思います。1)子供が受けるメリットとデメリット2)家族が受けるメリットとデメリット3)受験産業の功罪にわけて考えてみます。子供が受けるデメリット - 1/3翻ってデメリットです。やはり合格のためには…

お受験の功罪: 子供が受けるメリット・1/1

1年間を振り返ってお受験の功罪を考えてみたいと思います。1)子供が受けるメリットとデメリット2)家族が受けるメリットとデメリット3)受験産業の功罪にわけて考えてみます。子供が受けるメリット - 1/1メリットは頭を使う訓練ができることと勉強の習…

雑感 1

今はお受験直前なので具体的なことは書けませんが、日本の教育の歪はここから始まってる気がします。物事の表層でコト足りると言う姿勢、コトの本質で勝負しない姿。これは子供にとって良くないなぁ、と。

願書の巻

そろそろ願書提出の季節となって参りました。が、どうして一番で提出したいんでしょうか、お母様。経験的にも受験番号1番でも合格していないことってありました。 学校側としても願書提出時期なんて、遅れることさえなければ問題無いと思うけどなぁ。

お約束の巻

お受験準備も追い込みの夏、大量の練習問題、すなわち「ペーパー」が、我が子に課せられている。子供にとっては相当の量であろう。当然子供はそんなことはしないで遊びたい。 ここで母親は言う。 「まず30枚やりなさい。本当は60枚ぐらいやらなきゃいけない…

面接指導の巻

面接指導での一コマ。 先生「どうして私立小学校を選択されたんですか。」 私「公立小学校では学級崩壊があると聞いておりますし、先生方の勤務交代が頻繁にあるようですから、やはり子供には落ち着いた環境で教育を受けさせたいと思いまして。」 先生「本音…