「お受験」日記、その後。

父親がみた小学校受験を終えた子供の日々

夏休みの宿題:自由研究

我が子も夏休みの宿題で自由研究が出される歳になりました。未だに課題が決まらず(というよりも、未だに真剣に取り組まず)、子供はうだうだと毎日を過ごしています。 その課題。学校から配られた自由研究の課題一覧があり、その中から選んで研究することが…

うんこ漢字ドリル

今、小学生、特に男の間では「うんこ漢字ドリル」の人気があるようです。これはなかなか良い発想だと思いますし、似たようなことを御家庭でやっていた方もいると思います。私も子どもの気を引くために、うんこなどを題材に使ったことがあります。このドリル…

忖度と贔屓

政治家の忖度とお仲間への利益誘導が問題になっています。当初はそれほど大きな問題にはなっていなかったように思いますが、最近になってやおら問題になってきたような印象を持っています。私が思うに、忖度はどの組織にもあるもので、むしろ組織においては…

お受験の目標

都内のお受験ママの目標は子供の東京大学進学にあるようです。これ自体は否定しませんが、よく言われるようにこれがゴールではありません。卒後にどのような人生を歩むのかが重要であって、親がすべきことは選択肢を呈示することであり、そのいずれの選択肢…

全国模試で上位に入るためには?

小学校2,3年生から全国模試があり、その受検者数も1000人前後いることに驚きました。以前からあったのでしょうか?私が子どもの頃も小学生の全国模試はあったと思いますが、4,5年生ぐらいからだったように記憶しています。 先日、その全国模試で10番以内に…

小学校に受かってから勉強すること

我が子が通っている小学校は高校まであります。よほどのことがなければ高校まで行けますし、大学への進学も決して悪いものではありません。 なので、私としてはのびのびと学校生活を送って欲しいと思っています。もちろん、一生懸命勉強するのも大切だと思う…

算数教室

レベルの高い算数教室がどうやらお母さん方の注目対象のひとつのようです。少人数のマイナーなところ(もちろんマイナーとはいえ一部のお母様コミュニティでは有名)や大手の教室など色々あり、どこがいいのか皆さんお悩みの御様子。 我が家も御多分に漏れず…

算数検定

算数検定。小学生レベルのものなので、計算問題や単位変換などの基礎的な問題に加え、思考力を問う応用問題が出題されるようです。点数の配分はおそらく基礎的な問題が8−9割、残りが応用問題でしょう。ですから、計算問題などができれば検定に合格できるよう…

検定の意味

先日子供が受けたある検定の結果が来ました。英検のようなものです。 その得点分布は正規曲線ではなく、右側が高い、つまり高得点者が多い曲線でした。「資格試験」のようなものでしょうから納得ですが、「検定は合格させるためのもの」とも言えるので、受か…

面接直前。お父様に捧ぐ。

お受験も大詰めを迎える頃になりました。すでに終わった試験もあると思います。 先日も「お父様」である知人がお受験の面接をひとつ終えてからの一言。 「学校によって言わなければいけないことが違うから大変ですよ。」 まさにその通り。ではありますが、学…

検定、について

私は知りませんでしたが、英検のみではなく、今や算数検定や漢字検定などがあり、しかも小学生から受けているようです。 では、単刀直入にこれらの検定に意味があるのでしょうか。 意味があるとすれば、私は「勉強のきっかけになること」だと思います。ただ…

公文OB・OGインタビュー

公文のサイトにOB・OGインタビューというものがあります。知人のお子さんが載っていたので見たのですが、すごい人がたくさん出てきます。 「さすが公文!」という感じですが、「それだけ公文を経験した人が多い」、ということだと思います。「公文をやればで…

東大生の小学生時代

ある雑誌で東大生の小学生時代が特集されています。読んではいませんが、「だから何?」って思います。これを読んでお母さん方は「ウチの子も!」と思うのでしょう。 もしその特集が、十分な母数をもって他の大学生との比較をしていれば、なにがしかの価値の…

自主性を伸ばす

お受験以来、子供の勉強は事実上の詰め込みで「自主性」を伸ばすような勉強ではありません。私は子供の自主性は伸ばすべきだと考えていますので、これはいかんなぁと思っていました。もちろん今の時期は「詰め込む時期」ではあると思うので、どんどん「詰め…

ほめると子どもはダメになる?

「ほめると子どもはダメになる」という本を読みました。 http://www.shinchosha.co.jp/book/610647/ 父親は一読の価値があると思います。著者は「ほめてはいけない」とは言っておらず、「ほめればいいってもんじゃない」と言っています。詳細は本を読んでい…

算数はやはり集合が大事、だと思う。

お受験の算数(?)の問題を見て、集合と対応の問題だと私は思いましたが、今、子供がしている勉強を見て、やはり算数の基礎は集合と対応なんだな、と思いました。数学、算数の専門家から見れば違うのかも知れませんが、彌永昌吉先生の「数の体系」という本…

公文の国語

お受験が終わってもなお、勉強を続けなければいけない息子は大変だな〜と思います。 私は時間のある時に自習のチェックをしていますが、公文の国語は問題文を絵本から引用しています。各々の問題文は途中で終わり、別の問題文になるのですが、その問題文がち…

6月。まだお受験に間に合うのか?

職場の同僚が来年から小学校にあがります。「お受験も良いかと思ったが、もう間に合わないから諦めた」、と話していたのが5月中旬。11月から試験は始まるので、確かにもう間近です。 私はお受験を必ずしも勧めはしませんが、もしお受験をするのであれば今な…

ウソをついてはいけない、という嘘

お受験の面接の時に「今日の朝ご飯は何を食べましたか?」、「普段、幼稚園にはどうやって行っていますか?」などが聞かれることがあります。御家庭それぞれだと思いますが、朝食がシリアルとバナナや、コンビニのおにぎりだけだったり、幼稚園には遅刻しそ…

コピー機について_その2

このブログのアクセス解析の結果は、常にコピー機に関する記事が読まれています。実務的というか、実戦的な情報が求められているんですね。我が家で購入したコピー機(正確にはプリンター。機種はbrotherのMFC-J6970CDW)は、お受験後1年以上経っても重宝し…

教材の選び方?

我が家には未だにお受験の時の教材がたくさん残っています。単に片付けきれていないだけですが、中には私が購入して一度も封を切っていないものもあります。無駄だったなぁと思います。私が購入した場所は、子供の模試の会場での出張販売がほとんどでした。…

受験の記憶が蘇る

子供のお受験に始まり、我が子は勉強を続けています。小学校に入れば宿題に追われるのは当然としても、未だ「塾」に通っての勉強が続いています。 そんな状況の中、どこで誰に影響されたのか、東大に行くだの何だの相当に気の早い話を子供はしています。今…

親の愛情

仕事柄、発達障害の方と会うことがあります。幼児から成人した方まで年齢の幅がありますが、ほとんどの場合、お父さんではなくお母さんが付き添ってきます。そのお母さんを見ていると子供への愛情が溢れて出ているのがわかります。そしてその子供自身を見る…

優等生

我が子は毎日のように勉強を続けています。もちろん叱られながら勉強しているわけですが、うまくいけば「勉強する習慣が身に付く」のでしょう。もしかしたら「親に言われた勉強しかしない習慣が身に付く」のかもしれません。実際にどうなるのかはわかりませ…

お受験の目的

我が子は未だにお受験中のごとく、勉強をしています。もちろん自らの意思ではなく、母親の指示です。どうやら家内は息子を東京大学に行かせたいようです。東京大学に進学すること自体はいいのですが、果たしてそれが子供にとっていいのか、悪いのか、難しい…

だっこ

まったくお受験とは関係ありませんが、「抱っこ」について。 私は子供に抱っこをせがまれた時には、物理的に不可能な時以外はほぼ無条件に抱っこをしてきました。私の母親からは「抱き癖が付くからそんなに抱っこはするもんじゃない」と言われたものの、それ…

子供の反抗

日々、子供は勉強をさせられていますが、当然本人にはストレスがたまっています。それはよくわかります。それでも不思議なもので、どんなにやかましく言われても結局は「ママ〜っ」です。 私の目から見ると虐待じゃないの?と思うほどですが、厚生労働省の定…

合格発表

お受験の初めての発表はweb上で確認できるものでした。で、私が確認することになったのですが、幸いにも合格。さすがに緊張しました。 次いで、私立の第一志望校の発表も私が確認することに。こちらは校内に掲示されるので、見に行きました。結果は合格でし…

子供の本音

先日、子供と出掛けた折りに、通っていた大手のお教室の近くに行きました。もちろん意図したわけではなく偶然でした。 「ここをまっすぐ行くとお教室だね。懐かしいから行ってみる?」と子供に聞いたところ、 「絶対嫌だ」 との予想外の返事。授業の間に近く…

お絵描き その成果

私自身お絵描きの勉強自体に違和感はあったものの、現時点で子供は絵を描くのが好きで伸び伸びと描いています。 「画風」はすでにお受験モードを外れ好きなように描いているためか、でき上がった絵そのものもリラックスしている感じが伝わり、私自身は今の「…

お絵描き

子供が絵を描いているのをみて、絵も習っていたのを思い出しました。そのせいか、自由気ままに描く絵もそれなりのもので(といっても特段にうまいわけではありませんが)、親としては子供の絵が楽しみのひとつに加わっています。 人の描き方、風景の描き方、…

一年を振り返ると

我が家の場合、一年前は試験本番期間に入っていました。その時期でもここは受けるあそこは受けないなどとやっていましたが、考えてみれば「本命は国立。私立を受けるのは1校のみ。だめなら公立で十分」という方針で始めたお受験だったのが、直前には様変わり…

SEALDsに思う

私はSEALDsに肯定的な評価をしていますが、ここでは政治的な話をするつもりはありません。SEALDsの若者の自ら考えて行動する姿に、我が子もこのように主体的に考えて行動する人間になって欲しい、と思っています。 本来、お受験では「家庭の教育方針に合った…

面接の準備

1年前の予定表を見てみると、9月は模試やら模擬面接やらと忙しかったんだと感慨深いものがあります。まさか10月初めから本試験が始まるとは思っていなかったので、慌てて面接の対策をしていました。1)クリアファイル:資料を整理するためのもの、2)B6サ…

思い出つくり

夏休みも後半に入り、去年はどうしていたかと考えてみると、思い出作りにあちこち行ったりしていました。 面接でのネタ作りですが、「家庭の教育方針」を具体化したものではなくてはなりません。ただ遊びに行くとか、訪問したとかでは不十分で、「家庭の教育…

面接で思うこと

今でも腑に落ちないのが面接の準備です。私自身の面接官としての経験を踏まえて考えてみたいと思います。 今、我が子が通っている小学校の面接を例にしたいと思います。 形式は親子面接でした。(1)まず、子供が独りで部屋に呼ばれます。この時子供に課題が与…

母と子の絆

月並みな言葉ですが、お受験を通して母と子の絆を実感しました。 お受験中、我が子は勉強のみならず日常的なことでも母親からの(私から見れば)理不尽とも言える要求に頑張って応えようとしていました。母親の意に沿わない場合にはこれまた理不尽とも思える…

コピー機とスキャナ

夏頃からコピー機が活躍する場面が増えたように思います。その際に検討対象になったのがスキャナでした。お友達のママさんの中にはプリントをコンピューターに取り込んで、それを必要に応じてプリントアウトしていたようです。確かに合理的ですが、スキャン…

夏期講習、是か否か。

合格の可能性を高めたいのであれば、行くべきだと思います。 問題はその費用で、あの莫大なコストをかける価値があるのかどうかです。 私は高過ぎると思います。その費用対効果は極めて微妙です。自宅などで集中力と緊張感を維持して勉強できれば夏期講習は…

公文式 是か非か

世界的(?)な認知度のある公文式。 お受験前から我が子もやっています。そのシステムの完成度は高いと思います。 お友達の進度を聞くと、本当にスゴイなぁと感心します。 でも、この先取り学習、本当にいいのかなぁと疑問に思っています。毎日勉強する機会…

夏期講習の思い出_2

再び夏期講習の思い出を。週末の夏期講習には時間の許す限り、私が付ていきました。我が子は教室では特段の「悪ガキ」で、先生方の忍耐には感謝しています。今からすればいい思い出です。我が子は複数のクラスを掛け持ちしていたので、空き時間はお教室のそ…

父親講座

少なくとも2回は父親講座を受けました。いずれもビデオによる講座でしたが、会場まで出向きました。その内容は教育の一般論とお受験界への手引き。一般論はとても共感できる内容で納得できるものでしたが、そこからお受験界への誘いとなりました。お受験を…

子供が喜ぶこと

一年前の予定表を見たら、5月には父親講座が、6月には模試がありました。そんなに早くからやってたんだ、と感慨も一塩でした。教育上よろしくないと思いつつも、模試の前には「85点以上だったらおもちゃを買ってあげる」とニンジンをぶら下げ、試験後には子…

幼児教育の意義

お受験界に入る前から、小学校入学前の子供に受験勉強なんかさせて意味があるのだろうかと疑問に思っていました。今でもその疑問は100%解消されたわけではありません。以前にも書きましたが、お受験界をくぐり抜けてきた子供の将来がどうなったのか、古くか…

問題集

**会などなど色々な問題集があります。模擬試験を受けると会場には書籍販売コーナーで、自宅の郵便受けには色々な郵便物が、様々な問題集を宣伝しています。お受験界の先輩からは段ボール箱一杯の問題集をいただきました。で、一通りこっそり目を通しました…

筆記用具

子供ではなく、父親である私の筆記用具のことです。願書の記入に際しては、黒のボールペンか万年筆の使用が求められることが多いようです。私自身がボールペンのインク漏れが嫌いなこと、実際にインク漏れのある書面は好印象を与えないと考えたことから、願…

夏季講習

今は5月半ばなので少々気が早いですが、夏季講習の思い出を。 まず一番衝撃的だったのはその費用です。「いやいやこれはダメでしょ。」と思いつつ、家内の気迫に負けて夏季講習に行かせることになりました。幼稚園児に夏季講習?と当時は(そして今も)疑問…

面接の時の服装

今は5月なのでまったく季節外れですが、面接の時の服装について思うことを。 少なくとも父親に関してはオーソドックス(ネクタイも含め紺系統で統一し、自己主張の無いもの)で清潔な服装であれば何でもいいと思います。家内に言われスーツを新調しましたが…

親の職業について

親の職業が合否に関わるか否か、私の知る限り、ネットや噂では両方の意見があるようです。真実のほどはわかりませんが、原理的には関わらない、と私は考えています。学校によっては影響するところもあるかも知れませんが、少なくとも「難関校」と呼ばれてい…

制服姿

息子の制服姿はさぞかし凛々しく輝いて見えるかと思ったのですが、実際に通学姿を見ると「えっ?」でした。以前から駅のホームでよく見かけるランドセルを背負った男の子。どの子も同じに見え、没個性だなぁと思っていた男の子達の仲間に我が子が入って見え…